リンク お問い合わせ
ヘッド
トップ 野球部について 現役紹介 スケジュール 試合結果 アクセス 名場面集 球場へ行こう OBについて
 
 
  スペーサー

スペーサー

2013年 秋季新人戦
2013年 秋季リーグ戦
2013年 春季新人戦
2013年 春季リーグ戦
2012年 秋季新人戦
2012年 秋季リーグ戦
2012年 春季新人戦
2012年 春季リーグ戦
2011年 秋季新人戦
2011年 秋季リーグ戦
2011年 春季新人戦
2011年 春季リーグ戦
2010年 秋季新人戦
2010年 秋季リーグ戦
2010年 春季新人戦
2010年 春季リーグ戦
 
スペーサー 試合結果
スペーサー

◆2012年 秋季リーグ戦◆

第7節 同志社大学 2回戦
2012/10/14(日)  球場:皇子山球場  開始:14時09分  終了:16時27分 所要時間2時間18分

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
関西学院大学 0 0 0 0 0 6 0 0 1 7 6
同志社大学 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5

■戦評
 今日勝利すると19年ぶりの優勝が決定する運命の一戦。
 先発のマウンドを任された鍋田(2・高岡商)は立ち上がりを三者凡退に抑え、その後も三塁を踏ませないピッチングで同志社打線を封じる。
 両投手が好投し投手戦となっている中、均衡を破ったのは6回、2つの四球と安打で1死満塁の好機を迎えると、ここで3番籾山(3・報徳学園)が放った打球は打ち取られたかに見えたが、ベースに直撃し外野まで転がり、待望の先制点を挙げる。さらに山崎裕(3・関西学院)のスクイズと谷(4・大産大附)と小林正(4・龍谷大平安)の適時打で4点を追加する。
 6回好投を続ける鍋田からマウンドを譲り受けた中尾(4・関西学院)が 適時打を浴び得点を許す。
9回、二死から四球と安打で2死満塁とすると徳山(3・天理)の押し出しでダメ押しの追加点を取る。
最後は中尾が試合を締め、19年ぶりの優勝を決めた。
ここ19年間切望した優勝を今日、皇子山の地で達成した。

熱いご声援
ありがとうございました!


スペーサー
関西学院大学
位置 名前 出身校

G7

出 口 履 正 社 3 0 0
B 徳 山 天 理 4 1 1
E 籾 山 報徳学園 5 2 2
D 萩 原 大阪桐蔭 3 0 0
A 山崎裕 関西学院 3 0 1
H 大産大附 4 1 2
F 小林正 平 安 3 1 1
1 中 尾 関西学院 1 0 0
C 木 下 関西学院 3 0 0
@ 鍋 田 高 岡 商 1 0 0
8 小 谷 履 正 社 2 1 0
32 6 7
スペーサー
同志社大学
位置 名前 出身校
E 篠 川 明 豊 4 0 0
G 大 谷 大 垣 北 4 2 0
H 藤 田 大阪桐蔭 4 0 0
A 川 端 大阪桐蔭 3 1 1
F 中 谷 大阪桐蔭 2 0 0
H 宮 川 智辯和歌山 1 0 0
B 山本定 智辯和歌山 2 1 0
C 和 田 郡 山 2 0 0
H 武 政 高知大手前 1 0 0
4 窪 前 市立神港 1 0 0
D 國 正 茅ヶ崎北陵 0 0 0
5 井 口 箕 島 2 1 0
@ 花 田 大分舞鶴 2 0 0
1 矢 野 今 治 西 0 0 0
1 隠 岐 金光大阪 0 0 0
1 柏 原 桐光学園 0 0 0
H 松 永 桐蔭学園 1 0 0
1 鈴木健 桐光学園 0 0 0
29 5 1
スペーサー
関西学院大学
投手
鍋 田 5 3 0
中 尾 4 2 0
スペーサー
同志社大学
投手
花 田 5 1/3 3 5
矢 野 1/3 1 1
隠 岐 1/3 1 0
柏 原 2 0 0
鈴木健 1 1 1
スペーサー
二塁打 三塁打 本塁打
関西学院大学    
同志社大学 井口、山本定    
スペーサー
関西学院大学 8 6 1 2 5 1 2 0 0 0 0
同志社大学 3 5 0 0 6 0 1 2 0 0 0
 
 
 
 
 
Copyright(c) Kwansei Gakuin Baseball Team 2007 All Rights Reserved.
当サイトは関西学院大学 硬式野球部が運営しています。サイト内の情報及び画像など許可なく無断で使用することを禁じます。